ローンを一本化するおまとめローンのメリットとデメリット

複数の借り入れを一本化できるおまとめローンは便利ですが、メリットだけでなくデメリットもあるため、特徴を把握して利用しましょう。
おまとめローンには管理の手間を省き、金利を抑えられるメリットがあります。複数の借り入れをしていると返済日が異なるため、返済を忘れてしまう危険性があり、また、それぞれの残高を把握しなければならないため面倒ですが、まとめることでこれを解決できます。金利についても、一つにまとめることで利用限度額が高くなるので低くできます。消費者金融で借りている場合、銀行でまとめれば、金利の引き下げ効果が高くなります。
おまとめローンのデメリットとして、審査が厳しくなります。利用限度額が高くなってしまうので結果が出るまでに時間がかかります。法律上は総量規制の例外として、消費者金融でも年収の3分の1を超える金額でもおまとめローンを利用できますが、限度額が高いほど審査は厳しくなります。消費者金融でまとめる場合には利便性が下がるデメリットもあります。返済専用になっているため、途中で追加の借り入れができません。規約で他社からの借り入れも禁止されています。銀行の場合、通常のカードローンでまとめられるため、限度額に空きがあれば借り入れもできます。
過払い金がある場合でも、それを含めてまとめてしまうこともデメリットになります。まとめた後に元の借り先に返還請求することで信用情報に傷を付けずに取り返すことができますが、これはおまとめローンの手続きで金融機関が行ってくれるものではないため、自分で行わなければなりません。過払い金がある場合は請求を忘れないようにしましょう。