三井住友銀行カードローンは月々返済額はいくらから?

三井住友銀行カードローンでは他の銀行のカードローンと同じようにミニマムペイメント方式が採用されており、借りたお金の月々返済額より多いお金を入金していれば、延滞とみなされることなく返済が進んでいく仕組みになっています。

三井住友銀行カードローンの月々返済額がいくらからになるかは、約定返済日の時点における借入残高によって決まります。まず、借入残高と利息の合計が1万円に満たない場合は、その合計金額が返済額となり、借入残高が50万円以下であれば10,000円が返済額となります。以降、借入残高が500万円を超えるまでは50万円毎、500万円を超えると100万円毎に5,000円ずつ返済額が加算されていきます。三井住友銀行カードローンで設定できる限度額の上限は800万円となっていますが、仮に上限いっぱいにお金を借りたとすると、直後から始まる返済では最初のうちは約定返済日に少なくとも70,000円の入金が必要となります。

三井住友銀行カードローンでは、単に約定返済を続けていくだけでは上手い利用方法とはいえません。約定返済日に入金されたお金は、利息部分の支払いに優先してあてられるため、最初のうちは元金がなかなか減っていかない状態が続くからです。上手にカードローンを利用するためには約定返済日以外の適当な日に臨時返済をする必要があります。臨時返済をすると元金を早く減らすことができるため、利息も減って借入残高がゼロとなる時期も早まります。
三井住友銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら