消費者金融で保証人は必要?

借りやすい消費者金融で保証人は必要?

消費者金融でお金を借りる際に、保証人は必要なのかどうかと心配する人も少なくありません。しかし、消費者金融で融資の申込みをするのに、保証人は必要ありません。なぜでしょうか?本来、消費者金融とは、個人を対象に小口の融資を無担保で貸し付けるといい事業となっています。なので、比較的借りやすい審査をし、保証人や担保を必要としないで、お金が必要な時に小口の融資をすぐに受けられることが、消費者金融のメリットとなっています。このように、保証人の必要なく借入を行うことができるため、金利が高めに設定されるというデメリットもあります。

保証人と連帯保証人とは同じものなのか?と疑問を抱えている方もいます。実は、この二つは全く異なるものです。たとえば、大きなローンを組む際には保証人を立てる必要があります。それは、万が一借りた人が返済できなくなった場合、保証人に返済の請求がいくからです。もし借りた本人に財産があり返済能力があるようなら、借りた本人に返済をするように主張することができるのは保証人だけと言えます。一方、連帯保証人とは、借りた本人と同様、借金に対して責任を負っています。借主に支払い力があってもなくても返済請求があるなら支払う責任があります。つまり、連帯保証人は、借主と共に借金を背負っているという状態なのです。

いずれにせよ消費者金融でお金を借りる際は、保証人はもちろん、連帯保証人も必要はないので気軽に借入を申し込むことができるでしょう。